TOP > 資産運用の種類と特徴

預貯金で資産運用するメリットとデメリットはなに?


銀行口座を持っていれば手軽に始められる預貯金での資産運用。
それにはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか。
見てみましょう。

■この記事で学べること



■主な種類

普通預金、定期預金、積立定期預金 など


■メリット

基本的に元本割れすることはないため、いつでもその金額を引き出すことができます。
また、銀行が破綻した場合でも、預金保険機構により1000万円までは元本が保証されています。
金利以外の要素で金額が変わることはないため、安心して預けておけるでしょう。
また、積立にも対応しているため、貯蓄を始めるのに適しているといえるでしょう。


■デメリット

利息が極めて低く、インフレ率と合わせて考えると資産価値が相対的に目減りしてしまう点が挙げられます。
普通預金と定期預金の組み合わせなど、預貯金でのみ資産を運用するメリットはそれほどないでしょう。
資産運用の効果を実感するために、ほかの金融商品と併用しましょう。


■使いこなす

預貯金の種類別の使い方をまとめました。

種類 使いかた
普通預金 生活費に加え、予備費や使途確定金を置いておくのに最適
定期預金 予備費の一部や使途が決まっているものの、支払いまで期間があるものを預けるのに最適
積立定期預金 決められた時期までに一定額を貯蓄したいときに最適


■取扱機関

種類 始めるために
普通預金 銀行にて普通口座の開設が必要
定期預金・積立定期預金 銀行にて総合口座の開設が必要


■まとめ

預貯金での資産運用は、元本割れの心配がないため安心して預けられる反面、預けても増えないことが分かりました。
ほかの金融商品との組み合わせることで、リスクを抑える役割を果たすことができます。
安心だからと預貯金だけで満足するのではなく、積極的にほかの金融商品も取り入れていきましょう。

■関連する記事

▶ 貯蓄が苦手でも貯蓄できる方法
▶ 資産運用にはどんな種類があるの?
▶ 株式で資産運用するメリットとデメリット
▶ 投資信託で資産運用するメリットとデメリット
▶ REIT(不動産投資信託)で資産運用するメリットとデメリット
▶ 債券で資産運用するメリットとデメリット
▶ 個人型確定拠出年金(iDeCo)で資産運用するメリットとデメリット
▶ 金(GOLD)を資産運用に組み入れるメリットとデメリット