TOP > 資産運用の種類と特徴

個人型確定拠出年金(iDeCo)で資産運用するメリットとデメリットはなに?


老後への備えの話題になると必ず出てくる個人型確定拠出年金(iDeCo)。
個人で掛金を積み立てて投資信託を購入していくものの、通常の投資信託や積立投信とは大きな違いがあります。
iDeCoにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
見てみましょう。


■この記事で学べること



■メリット

iDeCoで支払った毎月の掛金は、全額が所得控除の対象になり、所得税と住民税が軽減されます。
また、通常は投資信託の普通分配金に20.315%が課税されますが、iDeCoでは課税されないというメリットもあります。
受け取り時には、一度にまとめて受け取る場合は「退職所得控除」、分割で受け取る場合は「公的年金等控除」が適用され、通常より低い税率が適用されることになります。


■デメリット

iDeCoで積み立てたお金は基本的に60歳まで引き出すことができません。
選ぶ銘柄によっては元本割れリスクもあります。
また、加入時や運用時などに手数料が別途必要になります。
通常の年金とは違い、自分で銘柄の見直しをする必要もあるでしょう。


■家計で投資をする際のiDeCoの位置

60歳まで引き出しが困難であることから、あくまで老後資金を積み立てる目的に限定して使用すべきでしょう。
またリスク商品であることを踏まえ、老後に不足するであろう金額全てをiDeCoで賄おうとするのではなく、預貯金と併用しましょう。
年金支給額は物価比で縮小していくことは避けられません。
通常の投資や貯蓄にiDeCoを加えることで、少しでも安定した老後を迎える準備をしましょう。


■家計で投資をする際の銘柄の選び方

運用手数料が安くリスクがそれほど高くないものを選びましょう。
また、投資対象となる資産や地域が偏らないようにするために、資金を複数の投資対象に振り分けましょう。
場合によってはバランス型投資信託を選ぶこともできるかもしれません。
自分の年齢や許容リスク、運用できる資金量などを考えて銘柄を選ぶようにしましょう。
ライフステージや経済情勢の変化に合わせて銘柄を見直すのも忘れないようにしましょう。


■取扱機関

銀行、証券会社など


■まとめ

iDeCoを利用することでさまざまな税制優遇を受けることができる半面、基本的に60歳まで引き出すことができないことや、元本割れリスクがあることが分かりました。
銘柄選びの際は経済情勢や投資対象、リスクなどを踏まえて選ぶようにしましょう。
また一定期間ごとに見直しを行うことで、リスクを最低限に抑えましょう。


■関連する記事

▶ 家計に影響を与える経済の動き
▶ なぜ資産運用をするの?
▶ 預貯金で資産運用するメリットとデメリット
▶ 株式で資産運用するメリットとデメリット
▶ 投資信託で資産運用するメリットとデメリット
▶ REIT(不動産投資信託)で資産運用するメリットとデメリット
▶ 債券で資産運用するメリットとデメリット
▶ 金(GOLD)を資産運用に組み入れるメリットとデメリット