TOP > 用語集

インカム・ゲイン


インカム・ゲイン(income gain)とは、投資収益に関する用語で、資産を保有することで安定的・継続的に受け取れる利益のことを言います。
インカム・ゲインには、株式投資で受け取る配当金や株主優待、不動産投資の家賃収入、銀行預金や利付債券の受取利息、投資信託の収益分配金などが含まれます。
これらの資産を売却した場合の利益のことをキャピタル・ゲインと言います。

なお、日本ではインカム・ゲインに20.315%が申告分離課税として課税されるため、実際受け取ることのできる利益は課税額を差し引いた金額となります。
これらの課税に関し、証券会社の「源泉徴収あり特定口座」を選択する場合に限り、原則として確定申告は不要になることも知っておくとよいでしょう。
また株主優待により得られた利益は申告分離課税ではなく雑所得となります。
こちらに関しては使用の有無により経済的利益が変動し、それを税務当局が把握することが困難なため、事実上課税されていないと言えそうです。
ただし経済的利益が大きい場合は申告しておいた方が良いと言えるでしょう。