金(GOLD)を資産運用に組み入れるメリットとデメリットはなに?

たまに金投資て聞くじゃない?
あれってどうなのかしら…

”有事の金”とよく言われるよね。
比較的価格が安定した資産だけど、メリットもデメリットもある。

やっぱりそうなのね…

じゃあ今日は、金投資のメリットとデメリット、金投資の種類についてみてみよう!

はい!お願いします!

目次

金投資にはどんな特徴があるの?

金には存在そのものに価値がある「実物資産」と呼ばれており、通貨や株式、債券など国や企業の信用をベースに取引される「ペーパー資産」と大きく異なっています。
ペーパー資産は経済動向により価値がなくなる可能性があるのに対し、実物資産が無価値になることはありません。
さらに金はほかの貴金属に比べて希少性が高いことも投資価値を生む要因となっています。
ペーパー資産の価値が下落した際に価値を維持しやすいことから、リスクヘッジとしての投資価値が高い商品と言えるでしょう。

金を資産運用に組み入れるメリット

金は株式や債券と違い実在する資産であり、存在そのものが価値となるため、信用リスクが極めて低いことが挙げられます。
また紙幣の登場までは通貨として利用され、1971年まではドルが金本位制を採用するなど、通貨の価値を保証する役目を果たしてきた過去もあります。それに加えて希少性もあり、安全資産とみなされているため、災害時や戦争、世界情勢の混乱時などの際に投資家の資金退避先となり、非常時に価格が上昇する傾向にあります。
金自体がモノであるため、インフレになりお金の価値が下がると、金の価値は上がる傾向にあります。
資産の安定性を高めるために、金投資は重要な役割を占めると言えるでしょう。

金を資産運用に組み入れるデメリット

配当や利子がない点は金投資のデメリットといえるでしょう。
株式や投資信託であれば配当、不動産投資であれば家賃収入というインカムゲインがあります。
投資の収益として一般的に「インカムゲイン(保有期間中収益)」と「キャピタルゲイン(売却益)」があるものですが、金は利子や配当などがないため、保有しているだけでは利益を得ることができません。
また金そのものの価値が非常に高い反面、現物で保有していると紛失や盗難などのリスクがあります。
現物以外の購入方法ではそれらのリスクがない反面、手数料がかかることや、いざというときに引き出せない可能性があることにも留意しておく必要があるでしょう。

家計で投資をする際の金の位置

インフレへの備えとして、一部資産を金投資に充てるのは賢明と言えます。
現物や純金積立、金価格連動型投信などが有効な選択肢となるでしょう。
しかし価格が安定しており、インカムゲインも得られないため資産増にはつながりづらいのも事実です。
あくまで安定資産としての位置づけを守り、比重を高めすぎないように注意しましょう。

金の購入方法

  1. 金貨・金地金
  2. 純金積立
  3. 投資信託
  4. 金ETF(金価格連動型上場投資信託)
  5. 金先物・CFD(差金決済取引)

種類別の取扱機関

取扱機関は商品形態によって大きく変わります。
商品ごとの主な取扱機関は以下の通りです。

商品取扱機関
金現物宝飾店、地金商、金属メーカーなど
純金積立地金商、金属メーカー、証券会社、商品先物業者など
金ETF証券会社
金先物・CFD証券会社、商品先物業者

家計で投資をする際の選び方

まとまった資産がない場合は純金積立でこつこつと増やすのが良いでしょう。
また金を証券化したETFの購入もおすすめです。
まとまった資産があり、自宅に金庫など保管スペースがある場合は金の現物を購入できるでしょう。
さまざまな手数料を最も安くあげることができます。

まとめ

金投資はインフレリスクへの備えとして有用である反面、資産を増加させるには不向きであることが分かりました。
金投資は人気があり、さまざまな手段で投資を行うことができます。
自分に合った金投資を選ぶことで、さまざまなリスクに備えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次